• ホーム
  • ニーサは投資不動産に利用可能、ヒオキの株価も上昇

ニーサは投資不動産に利用可能、ヒオキの株価も上昇

お金の札を持っている女性

昨年新しくできたニーサは、株だけではなく投資信託にも利用できます。
その中でも最近よく注目されています一つが不動産投資信託、J-REITです。
投資の対象はオフィスビル、ホテル、マンションなどの商業不動産です。
ニーサは現在100万円までの投資を対象としていますが、ホテルやオフィスビルのような投資不動産に興味があっても一般の人は直接オーナーにはなれませんが、この制度なら投資不動産に投資できます。
J-REITは専門の投資法人が資金を集めて投資不動産の顧問会社に委託します。
景気が上がってきますとこちらも値上がりしてきますので、ニーサでJ-REITもやってみるといいです。
このような国内不動産の好調を受けまして株価が好調なのがヒオキです。
ヒオキは英語表記ですとHIOKIで登記社名は日置電機です。
ヒオキは電気計測器の開発をしている会社です。
電気計測器とは、電流、電圧、抵抗などを測る機械のことです。
J-REITのような制度で国内の不動産が活発になりますと、ヒオキ製品もまた多く必要になるわけです。
国内だけでなく中国や東南アジアなどでも建築物、設備投資が急増していますので需要が増え、そういう外国にも輸出されています。
建物内のカビを事前防止するための湿度センサーという製品もあります。
保守の分野もフォローしています。
ヒオキは次々と画期的な製品を研究開発していまして、最近ではスマートフォン用のもの、電気自動車の充電の効率を計測する機械などが注目されています。
未来に必要となる製品が多いですから、ヒオキは今後も株価を上昇させるでしょう。
これまでのハードから、ソフトの開発も手掛け始めましたし、今年は近代的なイノベーションセンターという新研究棟もできました。
ますます好製品が生まれるでしょう。

関連記事